読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ken's blog

あんてなじゃーなる

スマートにKindleコミック購入がお陰様でお陰様で捗ってしょうがない件

ガジェット

f:id:ktakemoto:20140401225942j:plain

電子書籍?知らない子ですね…

ってひとはもうそろそろいないでしょう。Kindle。使ってますか?最近はPaper Whiteで読まずにiPad Retinaで読むことが多いです。

最近は、こんな話がホットエントリに挙がっていたんで、ちょっと気になってたんだけど、Kindleコミックは結構前から

Kindleコミック データベース

このサイト経由でポチポチしておりました。 角川祭りがあったりとかもうなんかいろいろあるので、さっぱりしたサイトで閲覧しやすいならその方がイイし、 ざっくりセール情報が流れてくる点もポイントが高いのでオススメ。

Kindleコミック データベースさんがなんかホッテントリになっとる

f:id:ktakemoto:20140401231924p:plain

いつも使っているサイトだったので、あれ、なんかみたことがあるのが挙がってるわーって思ってたらKindleコミック データベースさんでした。

シンプルイズベストですよ

f:id:ktakemoto:20140401231842p:plain

Kindleコミック データベースが基本で一覧ビューがもうほんとこれだけなんだけどシンプルです。なんかラノベも扱ってるし。通常の書籍もなんかジャンルだけしぼって表示してくれたらうれしいけど。

Kindleにしかない本ってあるじゃない? ”Kindleだけだよ!!” 明記とかされてたらちょっとくらっとくるかな。あとははてな民としてはたぶんエンジニア向けの新刊情報とかでてるとよさそうですね。

セール狙いの人にはうってつけ

f:id:ktakemoto:20140401232123p:plain

こんな感じで hoge %OFF がぱっとみえるような感じ。Bootstrapベースだし見やすい。セール狙ってるひとはまぁココ定期的にみてると、うっかりKindleワンクリする感じになりそう。楽でいい。春アニメとかなんかそういう専用棚とかあると賑わうだろうなぁ。

ぱっとみで把握

f:id:ktakemoto:20140401232834p:plain

f:id:ktakemoto:20140401232907p:plain

ざっくりトップページの一層目に見えるデータは、タイトルとブックカバーと巻数。ひとつ階層を潜ると、Wikiからなんかあらすじが紹介されてて、実際の巻ごとのリストになる感じ。このくらいシンプルだとあんまり雑なもんがなくていいです。広告とかないから気が散らないし。

これって、アマゾン側が本来標準でサポートしてくれてもいいくらいの流れができあがっていて、もっとよくしてくたらいいのになぁと。そのあたり、必要な機能だけつくってひっぱってきてるのがここの売りな部分かしら。若干こう漏れとか抜けがあるっぽいけどそのうち改善されんじゃねってことで。

なんか久しぶりに写真以外の記事かいたわー。